意外と安い!?マーケティングオートメーションの経費

初期費用と月額費用とに分かれているパターンが多い

マーケティングオートメーションをツールの形で導入する場合には、まずは初期費用を支払って、その後月々のランニングコストを支払っていくのが一般的です。サポートなどもすべてランニングコストに含まれるので、料金体系に難しい点はありません。非常に明快な料金体系になっているので、大手企業はもちろん中小企業、さらには個人事業主でも安心して使っていけますね。初期費用は、ゼロから30万ほどとかなりの差があります。どの程度のレベルのツールなのかによって、値段は大きく分かります。ただ、月額費用は数万円とどこもあまり差はありません。安ければ五万以下ですが、高いと十万円ほどになります。ただし、個人向けの簡単なものなら初期費用なしの月額数千円で利用可能なケースもあります。

導入するとコストが抑えられるので便利

月額十万ほどというと一つのツールとしては高いと思われるかもしれませんが、マーケティングオートメーションの運用が軌道に乗れば、人件費は抑制することができます。無駄な作業をする必要がなく、ほとんどすべての作業を自動的にツールが行ってくれるので、スタッフの数を揃える必要がなくなるわけですね。そこで浮く費用は、十万どころの話ではありません。数十万から、時には数百万ものコストダウンになるので、その意味で非常にコストパフォーマンスがいいと言えます。総合的に考えてみれば非常に安いどころか、無駄な出費を抑えて経営を効率化することができるわけで、得になるのです。現状人件費がかかり過ぎて困っているというのなら、導入を検討してみるといいでしょう。