知らないとまずいマーケティングオートメーションのメリットとデメリット

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは見込み顧客の獲得から営業へ引き渡すまでのマーケティング業務を、ツールを使用して管理することで自動化や最適化する方法のことです。見込み客をそのまま営業の人に渡していると、営業の数が増えるだけでなく見込み客を逃してしまう可能性があります。そこで、獲得した見込み客の興味レベルを高めておき、受注が近い状態にしてから営業に引き渡す方法なのです。その際に使うツールをマーケティングオートメーションツールと言います。それらを活用することで、自動化による作業時間の短縮や人的エラーの削減、見逃し防止などの効率を高めることが可能です。特に見込み客の育成を意味するリードナーチャリングをすることで購買意欲を高めた客を獲得することができます。

マーケティングオートメーションのメリットとデメリット

マーケティングオートメーションのメリットは購買意欲の高い見込み客を獲得できること、新しい販路の育成、見込み客が理解を深められることです。マーケティングオートメーションツールを使うことで見込み客の属性を把握し、メール開封やホームページ閲覧回数などを知ることができます。それらの情報を元に、成約しやすい人を営業に引き渡すことができ、営業成績を効率よく上げることができるのです。また、デジタルコンテンツを利用することが多いので、ブログやメルマガなどでデジタルマーケティングに挑戦し販路の育成をすることができます。見込み客それぞれに適切なアプローチをすることで、見込み客が理解を深められることもメリットです。デメリットは、コンテンツ作りに手間が掛かり、導入コストが高いことです。継続的にコストも掛かってしまいます。